プロフィール

KEN

Author:KEN
東海三県を主なテリトリーとするアーキテクト。
アーキテクトの世界ではまだ若輩ですが、日々、建築と格闘中です。
よろしかったら、リンクより、下記↓にもお寄り下さい。
KENのHP http://www.geocities.jp/kenku7jp/

ルイ・ヴィトン

2016/7/8

パリ訪問中の古いお友達から、写真を送ってもらいました。

建築家フランク・ゲーリー氏の「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」です。2014年に完成した、ブローニュの森にある現代アート美術館です。
フランクゲーリー氏は、カナダ生まれで現在は米ロスアンゼルスで活躍されており、1929年生まれの87才とのことです。
建築には年齢は関係ありませんね、、、

日本では、じめじめした日が続きますが、この写真を眺めていると、少し涼しくなった気がします。ホッ、、、

LVIMG_3328.jpg

LVIMG_3330.jpg

LVIMG_3329.jpg

エスキースです。本人の中ではこれでほとんどイメージは出来上がっています。あとは、ついていけるスタッフがどれだけいるかが大事ですね。
エスキース

よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK

お掃除

2016/6/29

今週も雨や曇り空が続きますね。
今のところ、ずっと雨が降り続くようなことはないですが、早く梅雨があけるといいですね。
朝、曇り空でも、おいしいコーヒーを飲んでいるとほっとします。

さて話はかわりますが、先日、高圧洗浄機で庭のコンクリート床を掃除してみました。

soujiIMG_2303.jpg 掃除前

soujiIMG_2309.jpg スタート、気持ちいですね~

soujiIMG_2312.jpg 市松模様

soujiIMG_2316.jpg ちょっといたずら(KEN)

家の外壁も、劣化しだすとある時期から一気に汚れ・カビが出てきます。
特に北側の外壁は日射があたりにくく、乾きにくいのでカビがはえやすいですね。
手の届くところであれば、同じように高圧洗浄機で結構きれいになります。

よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK

京都会館

2016/5/26

先日、ル・コルビジュエが設計した国立西洋美術館(東京上野)が世界遺産に登録勧告されました。
そのコルビジュエのもとで学んだ前川國男氏の作品を京都に見に行ってきました。

まず「細見美術館」というところを目指しましたが、ちょうどその東向かいが「前川國男」氏の「京都会館」です。1960年竣工ですが、今年1月より、「ロームシアター京都」としてリニューアルオープンしています。ロームシアター京都となって、大手書店やコーヒーチェーンがその一部に入ったり、また迫力ある外部廊下部分がアルミサッシ囲われ、ややかつての迫力を失っています。

KYOIMG_3151.jpg
KYOIMG_3153.jpg
KYOIMG_3177.jpg

徒歩で鴨川沿いを下ってうろうろしていると、安藤忠雄氏の「TIMES」に出会いました。20数年前に、見学会で見に来ましたが、今もしっかりメンテナンスされており、時間の経過をあまり感じさせませんでした。
KYOIMG_3184.jpg
KYOIMG_3186.jpg

最後に錦市場で一服。前から来る人とすれ違うと、肩が当たりそうなくらいな感じで、そのスケール感がとても落ち着きますね。
KYOIMG_3187.jpg
KYOIMG_3189.jpg

よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK

「もしも建物が話せたら」

2016/4/4

土曜日に映画を見てきました。
「もしも建物が話せたら」というタイトルで、6つの建物についての映画です。名古屋の東新町近くの「名演小劇場」という映画館で初めて行ったのですが、とても小さな映画館です。
昭和50年代でしょうか、、、 50席くらいのスペースに200インチくらい?のスクリーン、でもとても気に入りました。

さて、6つの建物の中でふたつほど紹介すると、
① オスロ(ノルウェー)のオペラハウスはすばらしいですね。「外観のすばらしいものは、中は3倍いい」 というのが私の考えですが、スノヘッタ設計事務所の作品はどれもすばらしいですね。

DSC02754.jpg

② ベルリン・フィルハーモニー
建築より50年以上が経過しています。当初、第二次世界大戦後にいわゆる「西側」の威厳を表す意味も含めて建築されたそうです。その後、今はなきベルリンの壁が建設され、この建物も孤立した形になったそうです。
内部も素晴らしい、、、 オーケストラを中心にそれを360°囲うように客席を配置した形は、その後の同様のホールのお手本となったようです。指揮者・オーケストラが真ん中に位置し、まわりを囲う客席は十数ものブロックに分かれ、棚田・段々畑の様になっています。そしてそれぞれのブロックが向く方向・視線も、それぞれ微妙に向きが変わっています。
↓この表紙がベルリン・フィルハーモニーです。
もしも建物1

日本では、約50年を経過した名建築がどんどん壊されていますね、、、 吉村準三・丹下健三等々。すばらしい迫力のある、設計上の明確な意志や意図を持った名建築がいとも簡単に壊される。
建物が違うのか、文化が違うのか、、、、
近々?来日予定の前ウルグアイ大統領 ムヒカ氏はなんていうだろうか、聞いてみたい。

さて、今週末まで夜の部で、この映画上映中です。よかったら、いっぺんいってみりゃせ。
もしも建物2

よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK




 

AR/VR

2016/3/12

 みなさん、AR/VRという言葉、インターネットや新聞でも時々目にしますね。
「拡張現実」、「仮想現実」ということですが、2025年には10兆円の市場になるとも言われています。
 VRは、ゴーグル形式の装置で仮想の空間を体験します。

 いろいろな分野に応用可能です。たとえば建築関係でも、設計時に自分の完成後の家を外部・内部とも、今まさにそこにいるかのように体験できます。旅行であれば、自分の行きたい所をセットすれば、まるで今その場所にいるかのように視界が広がる。他にも、医療や服飾関係その他、ほとんどの業種が応用可能でしょう。

 ただ、、、 仮想現実によって手軽に安価に体験できることから、たとえば旅行であれば、本当にその地を訪れる人が減少する可能性もありますね。もちろん、今のところ、その場所での空気や風の香り、その日ごとの人のざわつき感までは再現できませんから、やはり自分で行くのが一番ですね。でも、VRなら、いくらかの初期投資さえすれば、世界中をどれだけでも旅することができる、仮想で買い物をした気分にもなれるし、街の裏通りだってすべて体験できる。あとで、ネットでその買い物をすれば、完結である。
 人間関係も、たとえば恋愛なども、お手軽に自分の理想とする相手と理想的なデートが、VRで可能になるだろう。そしていずれ、ある意味いろいろ面倒なリアルな恋愛を誰もしなくなるかもしれない。VRの延長でたとえば、相手の手を握ったあたたかみとか、リアルな柔らかさまで再現でき、香りや匂いまで再現できれば、いちいち本当の恋愛を知る必要もなくなるかも、、、
今ですら、若者が恋愛や結婚に対して気持ちの面でかなり引き気味になっているのに。

 AI(人工知能)も急速な発達が見られる。近い将来、AIを搭載したロボットに人は使われることになるかもしれない。ロボットは疲れたり、無駄な?感情はないから、常にもっとも合理的な判断・指示ができる。工場やもしかしたらオフィースでも、ロボットが上司になる日が来るかもしれない。
ホーキング博士は、AIが進化した時が、人類の大きな危機であると言っている。

 日本企業でも、AR/VR関連企業は大変注目されている。
果たして10年20年後にはどうなっているか、、、 他の事柄も含めて、人間の生き方が劇的に変わってくるかも、、、
そして、ほんとに変わっていいのかな???
 生身の人間はそんなに進化できないから。Iphoneを世に出したスティーブ・ジョブズ氏でさえ、永遠の命はなかった。


よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK