プロフィール

KEN

Author:KEN
東海三県を主なテリトリーとするアーキテクト。
アーキテクトの世界ではまだ若輩ですが、日々、建築と格闘中です。
よろしかったら、リンクより、下記↓にもお寄り下さい。
KENのHP http://www.geocities.jp/kenku7jp/

直島

2011.10.18

瀬戸内の直島に行ってきました。
設計事務所の集まりで総勢約20名でした。
バスでの研修旅行でしたが、行きのバスからビール・酒の乾杯合戦です。
いくらか年配の先輩方でも、現役でやっている方々はやはり、酒も食事もびっくりするほどがっつりですね。

IMG_0202.jpg
IMG_0236.jpgIMG_0239.jpgIMG_0288.jpg






直島はアートの島、岡山県側よりフェリーで移動です。
安藤忠雄氏の地中美術館、草間彌生さんのアート作品等、島の各地にあります。

地中美術館は、今回の旅行ではあまり評判がよくありませんでした。。。
建築(建物)のための美術館なのか、美術館のための建築(建物)なのか? ということでしょうか。

IMG_0207.jpg
IMG_0210.jpg

IMG_0219.jpg



草間彌生さんの作品は、以前愛知トリエンナーレでも紹介しました。
IMG_0231.jpg
IMG_0232.jpg

海岸近くにある作品の中に入りました。
入った瞬間、2年ほど前に設計したT-RESIDENSEを思い出しました。
カラフルな色使い・ランダムにはめれた丸いブロックなどの非日常空間。

そういえば、最近いくつか同様のことがありました。
先日、世界建築会議に行った時のこと。
東京駅のとてもおしゃれなトイレにHAIR BOXの外部アプローチで使ったタイルとまったく同じものが使ってありました。50cm角の薄いこげ茶、うっすらと横ラインが入っているものですが、十数種類の候補の中から選択したものです。
また、東京国際フォーラムのなかの、階段・床のほとんどに使われているステンレス製床材(滑り止めドット付)。これも同じくHAIR BOXの内部床で使おうと真剣に考えていた材料でした。最終的には機能上のことがあって採用しませんでしたが、見た瞬間「あれだな!」とわかりました。

最近そんなこともあり、自分の目指す方向・センスも決して間違ってはいないな。。。 といい方に解釈し、これからも進んでいこうと思いました。

最後に、直島のポートハウス(建築家 妹島和世)。
スレンダーで透けるような美しさ、高さを抑え骨組も究極を目指している。
景観に溶け込むような設計がしてありますね。
ただ、海に近接する港において、これが果たしてサスティナブル(持続性のある)な建物かというと、少々疑問が残るところです。

IMG_0228.jpg

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/ 

COMMENT

こんにちは! 直島に行かれてたんですねv-237 私も、一度は訪れたいと思っている場所です。お天気もよかったし、楽しめたみたいですね。
個人的には、妹島和世さんの作品に興味があるので是非見てみたいですね。
こうして、デスクから少し離れて違う場所で刺激を受けるとまたgood ideaが浮かんでくるのかしら・・・

こんにちは

蛍さま(KENより返信)

こんにちは、妹島和世氏、海外でも活躍目覚ましいですね。
ロレックス・ラーニングセンターなどもすごいですね !!!?

KEN

EDIT COMMENT

非公開コメント