プロフィール

KEN

Author:KEN
東海三県を主なテリトリーとするアーキテクト。
アーキテクトの世界ではまだ若輩ですが、日々、建築と格闘中です。
よろしかったら、リンクより、下記↓にもお寄り下さい。
KENのHP http://www.geocities.jp/kenku7jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SYDNEY

2013.11.17

彼はシドニー駐在を2度断った。
20年も前のちょうど今時分の頃。
こわもての営業部のT部長から、会議室に呼ばれた。
穏やかな言葉だったと思う。 シドニーに行かないか、、、
少し考えさせてください、とでも言ったかなぁ?
1週間後、また会議室に呼ばれたが、はっきりとは言わず、言葉を濁して断った気がする。
その年の年末、辞表を出した。20代の後半のこと。

駐在が原因ではない。
何度か海外出張にも行っていたし、シドニーオフィスにも何度か行って、日本人社長や現地スタッフ
とも仲良くなっていた。
日本からもほぼ毎日というくらい国際電話を掛けていた。オーストラリアは日本と時差が1時間程度で同じ時間帯に話せるから、電話でコミュニケーションした方がてっとり早い。

なぜ辞めることにしたか。
仕事が合わない気がした。体調も思わしくなかった。
書店でふと一冊の本を手に取った。
「建築史」の本。

小さいころから、工作や絵が大好きで、親父の工具がつまった小さな倉庫から、鑿(のみ)やカンナ、
のこぎりやドライバーを取り出しては、夏休みには、船やら飛行機、小さな車やイス、それにプラモデルやポスター。
おんぼろを山ほど作った。
でも、たいてい夏休み明けには、工作や絵で、なぜかしら賞状がもらえた。
結構な枚数もらったが、残念ながら今は1枚も残っていない。
本当にただただ無心で夢中で作っていた。夢中でやることほどすごいことはない。
道具を持つと、快感で手が震えるくらいの気がした。
(もちろん震えませんよ、、、震えたら工作つくれません)
本当は大工棟梁か機械屋が天職なのかもしれない。
数学も好きだったな、最後まで数学科も受けようかとも思ったが、なぜかしら全然違う道に
入り込んだ。

そして、20代の後半に、ふと自分の昔を思い出し、その道に入った、戻った。
建築の勉強をし、設計の仕事を始めた。

皮肉なことに、中学の頃、担任のS先生から、将来希望する職業はなにかとの問いに、
さんざん考えたあげく、「設計技師」と書いたのを今も覚えている。
それから10数年もして、やっと、自分に気付き、その道に戻ったのかな、、、

---- さて話は突然現在に飛ぶが、設計は構想を考えているときが一番楽しい。
風呂の中でも、歩きながらでも、喫茶店でお茶しながら、電車の中で、、、、
構想を発酵させて寝かせた後、アイディアはふとした時に、ある意味一瞬で決まる。

実は楽しいばっかではないのが設計。いろいろ地味なことも多いし、水面下ではいろいろ
なことがあって必死にもがきながらやっているのが本当のところ。
知り合いの建築士は、建物完成後、いつももう2度と設計したくないと思うそうだ。
ただ、しばらくすると、またどうしてもやりたくなるとも言っていた。

2度と設計したくないと思ったことはないが、その気持ちも少し?、いっぱい理解できる。
いいものを作ろうと思えば思うほど、そのジレンマも大きい。
最も感じるジレンマは、設計が終わって、施工現場が始まってからだ。
現場が順調に進まない、打ち合わせ通りになっていない、といったことが多いと夜も
ぐっすり眠れない。明日朝一にまた、打ち合わせしないとな、、、

それでもやめられないのが、「建築の設計」。
いろいろなことを受け入れて、なんとかまとめあげ、初めて実際の建物ができあがる。

----- そんなこんなで、あの冬から約20年。 -----
夜おそく、車で飛ばしている時、ふと、昔をことを思い出した。


KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、名前(ニックネーム)と本文だけで大丈夫)







COMMENT

いいお話ですね。誰もが将来になりたい夢を小さい頃、持っていてもなれる人もいれば違った道へ進む人も…私は小説家や童話作家になりたいと思ってましたが、銀行員。設計のお仕事は奥が深いですよね。住む人の好みやイメージ、住み心地、予算、敷地面積、家族構成など、インテリアなどさまざまで…kenさん20年もの間、自分の夢(建築士)に向かって努力し頑張って来られて凄いです。ずっと応援しています。これからも、素敵な住まい作り設計をしてくださいね。v-34v-91

今、20年前気づいたKENさんにたくさんの方が感謝していると思います。
そう思うと心が温かくなりました

返信

美玲さん(KENより返信)
 いつもコメントありがとうe-68
 もうすぐ師走ですね~。
 風邪などひかないようにね。
 
 KEN

感謝さん(KENより返信)
コメントありがとうございます。
必ずいい建物ものをお渡ししますよv-218

KEN

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。