プロフィール

KEN

Author:KEN
東海三県を主なテリトリーとするアーキテクト。
アーキテクトの世界ではまだ若輩ですが、日々、建築と格闘中です。
よろしかったら、リンクより、下記↓にもお寄り下さい。
KENのHP http://www.geocities.jp/kenku7jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AR/VR

2016/3/12

 みなさん、AR/VRという言葉、インターネットや新聞でも時々目にしますね。
「拡張現実」、「仮想現実」ということですが、2025年には10兆円の市場になるとも言われています。
 VRは、ゴーグル形式の装置で仮想の空間を体験します。

 いろいろな分野に応用可能です。たとえば建築関係でも、設計時に自分の完成後の家を外部・内部とも、今まさにそこにいるかのように体験できます。旅行であれば、自分の行きたい所をセットすれば、まるで今その場所にいるかのように視界が広がる。他にも、医療や服飾関係その他、ほとんどの業種が応用可能でしょう。

 ただ、、、 仮想現実によって手軽に安価に体験できることから、たとえば旅行であれば、本当にその地を訪れる人が減少する可能性もありますね。もちろん、今のところ、その場所での空気や風の香り、その日ごとの人のざわつき感までは再現できませんから、やはり自分で行くのが一番ですね。でも、VRなら、いくらかの初期投資さえすれば、世界中をどれだけでも旅することができる、仮想で買い物をした気分にもなれるし、街の裏通りだってすべて体験できる。あとで、ネットでその買い物をすれば、完結である。
 人間関係も、たとえば恋愛なども、お手軽に自分の理想とする相手と理想的なデートが、VRで可能になるだろう。そしていずれ、ある意味いろいろ面倒なリアルな恋愛を誰もしなくなるかもしれない。VRの延長でたとえば、相手の手を握ったあたたかみとか、リアルな柔らかさまで再現でき、香りや匂いまで再現できれば、いちいち本当の恋愛を知る必要もなくなるかも、、、
今ですら、若者が恋愛や結婚に対して気持ちの面でかなり引き気味になっているのに。

 AI(人工知能)も急速な発達が見られる。近い将来、AIを搭載したロボットに人は使われることになるかもしれない。ロボットは疲れたり、無駄な?感情はないから、常にもっとも合理的な判断・指示ができる。工場やもしかしたらオフィースでも、ロボットが上司になる日が来るかもしれない。
ホーキング博士は、AIが進化した時が、人類の大きな危機であると言っている。

 日本企業でも、AR/VR関連企業は大変注目されている。
果たして10年20年後にはどうなっているか、、、 他の事柄も含めて、人間の生き方が劇的に変わってくるかも、、、
そして、ほんとに変わっていいのかな???
 生身の人間はそんなに進化できないから。Iphoneを世に出したスティーブ・ジョブズ氏でさえ、永遠の命はなかった。


よかったら、Facebook 「三重の設計事務所 ケン空間設計」も見てくださいね。

KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK

スポンサーサイト

上海市場

2015/7/8

ギリシャや中国が大変な状況です。

先週半ばでしたか、上海株式市場は上場銘柄の半分以上が 「ストップ安」となりました。
また、昨日は1/3の銘柄が売買停止とのこと。
想像がつきませんね、、、、 もはや、市場の体を成していないのでは。

一方、日本でも、もちろん上記の影響は大きく出ていますね。
また、しばらく前からGPIF(年金資金)等いわゆる「くじら」による買い支えが続いてきましたね。
高値であろうともとにかく買い上がった結果、それが下がった時、また年金支給額が結局下がることになるわけでしょうか。

ギリシャ問題も今回だけでなく、順番に返済期日が迫っていますから、まだまだ続きます。
大変な状況がしばらくは継続しますね。


KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、 ニックネーム と 本文 + 最後に認証番号入力 で OK)




失業率50%

2015/2/18

ギリシャとEUの話し合いの期限が今月20日だそうだ。

EUからの巨額融資の条件として、ギリシャにきびしい緊縮財政の継続が求められている。
合意できなければ、3月末にもギリシャの財政破綻・デフォルトという可能性もある。
双方とも各国内事情もあり、簡単には妥協できない様である。

さて、ギリシャの現在の失業率はなんと約25%だそうです。
20代・30代に限って言えば、50%近いのではないかと、先日、日本の大学で教鞭をとるギリシャ人准教授がNHKで話していた。
制度上の問題もあるかもしれないが、50%とは想像もできない、、、、
EUからの援助の恩恵が一般の人にほとんど行き渡らず、一方、若者の半分が職がない状態では
国としての展望は全く見えない。

日本における就職等はやや改善してきているが、とにかく、若者にとってまずは土俵が整っていることが必要である。
若者が自分の将来に希望がもてるように。

ヨーロッパ経済が不安定になれば、対岸の出来事では済まされない。
あと2~3日、打開策・妥協点が見いだされるだろうか?


パルテノンパルテノン



KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
よろしかったらコメントください。
(下のCOMMENTをクリック。記入は、名前(ニックネーム)と本文だけで大丈夫)






UAE

2011.8.21

猛烈な円高となっています。
75円台ですか。。。。
この際、海外旅行に行くのが一番ですね。 余裕のある方は。。。
私もN.Y.なんぞにいってみたい。。。

さて、UAEでガソリン不足が続いているそうです。
UAEって、今や世界中のセレブが集まるドバイがあるところ、アラブ首長国連邦です。

世界有数の産油国でガソリン不足ってどうゆうこと

UAEは大変な産油国で、原油を産出するが、実は、精製能力が低いためガソリンの多くは輸入にたよっているようです。
UAE石油会社は国際市場価格でガソリンを輸入しますが、近年、政府が国内販売価格を35円/リットルと定めたらしい。
この場合、ほとんど利益が出ず、売れば売るほど損をするということも起こり、給油所の閉鎖も出ていることが原因のようです。

不思議なものですね。。。~
原油は有り余っているのに。。。

ドバイにある「Burj Al Arab」の模型です↓。

Dubai.jpg
























かつて私もUAE、ドバイに行ったことがあります。

1990年ころです。まだ若くて、HAIRもたっぷり?ありました。
確か1泊しかできなかったと思いますが、当時からドバイは有数の貿易地・経由地でした。
ただ、港に行った時も木造船が主体で、今のような摩天楼が林立するような風景とはまったく違っていました。
今の状態はまったく想像できませんね。

なんとなく、まさに砂上の楼閣といった気もします。

産油国は大変なお金持ちですね。
ただ、自国で生産設備をあまりもていなかったり、自給率も低かったりで、
有り余るオイルマネーで、あらゆるものを輸入に頼っているところも多いようです。


KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/








節電

2011.5.8

一昨日、管総理より、浜岡原発の全面停止要請が出されました。

今後30年以内にM8程度の地震が発生する可能性が87%という予測もあり、防潮堤などの地震津波対策が完了するまでの概ね2年とのことですね。
これに対してはいろいろな意見もあろうと思いますが、世論等により、中電は受け入れることになるのではないでしょうか。
中電の電力供給の12%を占めていることから、夏の節電が中部地区についても必須となるようです。

現在の家庭における電力消費は概ね、

  エアコン 25%
  冷蔵庫  16%
  照明   16%
  TV    10%
  他(温水便座・電気カーペット・食洗機等)

とのことで、家庭全般においては なんと 1/4 がエアコンなのですね。
ここ最近では、どこの家庭でも各部屋にエアコンを設置するのが当たり前となりつつあり、一家に4台、5台も当たり前ですね。自分のところで考えてもそうですね。。

私が子供の頃はエアコンなんてありませんでしたね。。
夏休みは朝早めに起きて涼しいうちに宿題?をして、10時過ぎくらいからは毎日学校のプールに行くのが日課でした。プールはとても楽しくて、日焼けして真っ黒でした。

家では、南側と北側の窓をすべて全開にして、夕方になれば心地よい風がスーと通ってほんと気持ちいいものでした。
そこで、庭に水を打って縁側に腰掛け、母親が切ってくれたスイカを何切れもほおばって、種をどれだけ飛ばせるか兄と競争するのがまた楽しかったものです。
冷えたスイカはホントに美味しかったし、甘いぶどうもなっていて、楽しかったなー。
かき氷やアイスクリームもうまかった。

エアコンで冷えたリビングにいてもあの幸せは感じられないかもしれませんね。。。
一家に何台もエアコンがあって、それぞれの部屋で涼むなんて必要ないのかもしれません。
日本はちょっと贅沢になりすぎたのかも。。。

そういえば、ご近所でも夏でもエアコンを全く使わない(つけてない)お宅もあるようですが、考えがあってのことのようで、不便を感じている様子もありません。

私も全部とはいかないまでも、できるだけ使用をひかえていこうと思います。
それがまさにこれからの時代の流れなのでしょう。

東日本大震災に被災された方々の一日も早い復興をこころからお祈りいたします。


KEN
http://www.geocities.jp/kenku7jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。